京都で弁護士をお探しの方のための京都はるか法律事務所

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ 京都の弁護士メニュー

京都の弁護士トップ > 交通事故 > 交通事故が起きたとき > 交通事故の被害を受けたら、まずどうすべきですか

よくあるお問い合わせ
交通事故が起きたとき

交通事故の被害を受けたら、まずどうすべきですか

治療を受ける時の注意

何よりも生命と身体の安全を守ることが第一です。すぐに救急車を呼んで、病院で適切な治療を受けてください。病院で治療を受けるときには、少しでも痛い、おかしいと思うところがあったら、遠慮せずにすべてをお医者様に伝えておくことが重要です。当初のカルテや診断書に記載がないケガについては、後になってから痛みがひどくなってきたからといって保険会社に請求をしても、保険会社が事故との因果関係を否定して交通事故によるケガと認めてくれないことがあります。事故で気が動転していたり、興奮したりしているかもしれませんが、冷静に自分の体の状態を把握して、少しでもおかしいところをすべて医者に伝えてカルテに記載してもらっておいてください。

警察を呼ぶこと

事故の際には、必ず110番通報して警察を呼ぶことが大切です。もしかするとたいした事故ではないからと、事故の相手が「賠償は必ずきっちりとしますから警察には通報しないで下さい。」と頼んでくるかもしれません。しかし、そんな約束が守られる保証はどこにもありません。そんな事を頼んでくる人に限って、後になって、「自分は悪くない」「そんな怪我はしていないはずだ」「そんな費用は払えない」と言い出したり、ひどい場合には連絡がつかなくなったりします。
また、警察で事故証明がとれないと保険金を請求することもできません。どんなことがあっても必ず警察に通報してください。

人身事故にしておくこと

警察を呼んだ時にもう一つ注意する点があります。物損扱いにするか、人身事故にするかと尋ねられますが、少しでもケガがあるならば、必ず人身事故にしておくべきです。物損扱いにしてしまうと、警察は全く捜査をしてくれず、実況見分調書も作ってくれません。将来、裁判になった時に、事故現場がどのような状況だったのか、事故車両がどのように走行していたのか、なぜ事故が発生したのかということを証明するための証拠を警察に作っておいてもらうためにも、人身事故にして、きちんと捜査をしてもらう必要があります。事故の相手にどんなに頼まれても、どんなにお金を払うと約束されても、必ず人身事故にしてください。事故の相手は、普通は初対面の人です。絶対に信用してはいけません。いったん物損扱いにしてしまっても、診断書を警察に提出して人身事故にしてください。

将来の紛争の準備すること

事故直後から、将来の紛争に備えておくことが必要です。まず、相手方の車のナンバーを控え、相手方の住所、氏名、電話番号、自賠責保険と任意保険の会社名と証券番号を控えておきましょう。また、携帯電話やスマホのカメラ機能を使って、事故直後の状況を写真撮影しておくことも良いでしょう。道路の状況、自分と相手方の車の位置関係、破損状況、ケガの状況などをすべて写真にして残しておくと、証拠とすることができます。

すぐに弁護士に相談すること

そして、なによりも大切なことは弁護士にすぐ相談することです。自分の入っている任意保険があれば、保険会社の担当者にすぐに弁護士費用特約があるかどうかを尋ねてください。特約が付いていれば弁護士費用は保険会社が払ってくれるので、無料で相談、依頼することもできます。また、京都はるか法律事務所なら、初回は無料で相談をお伺いしますので、とりあえずご相談ください。交通事故の損害賠償で最も大切なことはできるだけ早くに弁護士を依頼しておくことです。事故直後の治療期間中から弁護士を依頼しておくことで、将来の損害賠償額が全く変わってきてしまいます。

京都はるか法律事務所ならこんなことができます

事故直後から被害者の親身になってアドバイス

事故直後、まだ警察の捜査中、病院で治療中、保険会社から連絡があったばかりといった段階でも、事故状況やケガの状況をお伺いし、今何をしておくべきか、これからどのようにしていけばいいのかということをアドバイスして、一緒に損害賠償請求を進めていきます。初動の拙さがあとになって取り返しのつかない結果を生むことがあります。事故後は、できるだけ早くご相談下さい。

交通事故を起こしたら、まずどうすべきですか ≫

京都はるか法律事務所では初回45分の法律相談は無料で受けられます。
2回目以降の相談は、30分につき5,400円です。
平日9~22時、土日9~20時対応。
この時間以外での法律相談も可能な場合がありますので、
まずは一度、京都はるか法律事務所までお気軽にご連絡ください。

075-746-2227 京都の弁護士 お問い合わせフォーム

京都の弁護士 京都はるか法律事務所

〒604-0866 京都市中京区両替町通丸太町下ル西方寺町160-2
船越メディカルビル3階(受付2階)

弁護士事務所のお客様の声 京都の弁護士 安心の費用
無料法律相談のご予約

弁護士堀京都はるか法律事務所では初回45分の法律相談は無料で受けられます。平日9~22時、土日9~20時対応。 この時間以外での法律相談も可能な場合がありますので、まずは一度お気軽にご連絡ください。

075-746-2227 メールを送る

よくある質問
Q. 弁護士に相談したい場合はどうすればいいですか?
こちらからメールでお申し込みいただくか、電話で相談の予約をお取りください。
できるだけ早く相談にお越しいただけるように、相談日時を決定させていただきます。
Q. こんなことを弁護士に相談してもいいのか心配なのですが…
どんなことが法律問題になるのか、法律に関係するのか、弁護士に相談するような問題なのかということは、ふつうはわかりません。とりあえずは、一度相談してください。お話の内容が法律的な問題であればアドバイスをさせていただき、弁護士をご依頼になった方が良いだろうと思われる場合にはご依頼他抱くことも可能です。
法律的な問題ではなく、弁護士では解決が難しいということになれば、どこで相談するのが良いのかということをアドバイスすることもできます。 こんなこと相談して良いのかな?変なこと相談したら弁護士に怒られたり、馬鹿にされたりしないかな?などとご心配にならずに、まずは気軽に相談にお越しください。
Q. 相談料はいくらですか?
1回目のご相談は無料です。普通の法律事務所では30分を相談時間の目安としていますが、京都はるかではご相談者にゆっくりと話していただけるように45分間を相談時間としています。 2回目からのご相談は、30分につき5250円をいただきます。正式にご依頼いただく場合には、相談料は不要です。ご依頼後の打合せについても、何度打合せをしても、相談料をいただくことはありません
Q. 無料法律相談だけで依頼しなくてもいいのですか?
まったく構いません。まずはご相談いただき、法的解決を図ることが合理的なのか、京都はるかの弁護士が信頼できるかどうか、弁護士費用は納得できるかどうかを検討していただき、依頼してみようとお考えになったときに初めてご依頼ください。相談だけで終わってもいっこうに構いませんし、相談してご家族などと協議されてからご依頼いただいても構いません。
Q. 夜間や土日祝日でも相談できますか?
もちろんできます。あらかじめご予約ください。
Q. 相談した内容は秘密にしてもらえますか?
ご相談者の秘密を守ることは、弁護士としてもっとも基本的な義務です。
ご相談いただいた内容はもちろん、弊所に相談に来ていただいたこと自体について、第三者やご家族であっても、ご相談者の承諾なく漏らすことはありませんのでご安心下さい。

他のよくある質問を見る

京都はるか法律相談事務所の法律相談の流れ

1.法律相談の予約

京都はるかでは初回法律相談が無料です。ご相談者の都合に合わせて、夜間や土日、休日の相談にも対応しますので、まずはご予約ください。

2.弁護士と面談(法律相談)

弁護士が直接面談して、ご相談をおうかがいします。初回法律相談は45分間、無料でじっくりとご相談いただけます。

3.弁護を依頼したい場合

弁護士に相談したからといって、依頼しなければならないわけではありません。相談だけで終わっていただいてもまったく問題はございません。

4.弁護活動開始

正式にご依頼をいただいたら、弁護士が活動を開始します。ご依頼後も、不安な点、疑問点など、何度でも遠慮なく、納得のいくまでお尋ねになってください。

京都はるか法律事務所

〒604-0866 京都市中京区両替町通丸太町下ル西方寺町160-2
船越メディカルビル3階(受付2階)
TEL:075-746-2227